Danton(ダントン)のダウンはコスパ最高でおすすめ

カナダグース、モンクレールなどすっかり冬の定番となった高級ダウンですが、価格が10万円以上とかなり高額で、なかなか手が出しづらいと思ってる方も多いと思います。

我が家もいいなぁと思いつつも……値段の高さにちょっと引いてしまいます。

そんな我が家が選んだのは、Danton(ダントン)のダウンコート/ジャケットです。

スポンサーリンク

Danton(ダントン)のダウン

Danton(ダントン)はフランスのワークウェアブランドです。パリ市内を含む多くの行政機関や、フランスの国鉄などへ制服や作業服を納めていた由緒あるブランドです。

赤で印象的なDANTONのひし形ロゴ、特に最近はインナーダウンを着ている人を良く見かけるので、ご存じの方も多いと思います。

ダントン ダウンコート(メンズ)

今回購入したのはダウンコートタイプのジャケット「PC TUSSAH DOWN JACKET」です。

高密度なタッサー生地を使用していて、保湿性と透湿性に優れたダウンジャケットです。
ちなみに、タッサー生地とは太番手の糸を使った、やや厚みのある丈夫な生地で、伸びやシワが少ないのも特徴です。

フカフカとした上質なダウンがふんだんに使われていて、寒い冬でもとても暖かいです。口コミでもとても暖かいと評判ですが、普段雪がほとんど降らない場所でしたら、中は薄着でTシャツ1枚でも大丈夫なほどです。

ファーは取り外しが可能で、フロントにはハンドウォーマーポケット、袖口は内側にリブニットが付いた二重構造で、防寒性の高いデザインになってます。

価格は¥47,080(税込み)と、4万円台で良質なダウンが買えるので、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

私は楽天市場で、クーポンや楽天ポイントアップのタイミングを上手く活用出来たので、とてもお買い得に購入することが出来ました♪

カナダグースのジャスパーのように、オン・オフ問わず着こなせるので、とても気に入ってます(^^)

私は170cmくらいで、普段Mサイズを着用してます。購入したサイズは“40”で、ちょっと大きめを選んだつもりです。細身に着るならもう1サイズ下の38でも良かったかもしれませんが、この辺は用途と好みで分かれるあたりかもしれません。

ダントン ダウンコート(レディース)

こちらはレディースで毎年大人気のロングダウンタイプの「P/C TUSSAH LONG JACKET」です。

保温性と透湿性に優れ、撥水加工が施された高密度なタッサー生地が使用され、日本人向けに細身に仕上げたシルエットが特徴です。

シンプルなデザインが特徴的で、ダウンコートながら綺麗めなスタイリングにも相性が良さそうで、こちらは妻が購入しました。

妻の身長は160cmくらいですが、サイズ36を選びちょうど良いようです。こちらも価格は¥47,080(税込み)になります。

ダントンのダウンはコスパ最高

モンクレール、タトラス、ピレネックス、カナダグースと様々なダウンが流行ってますが、次の大流行はダントンで間違いない……とは言えませんが、機能と値段やシンプルで飽きのないデザインで、コストパフォーマンスはとても良いと思います。

着て見て気にいった方、良かったら一緒に流行らせましょう(笑)

コメント