【インプレ】ダイアデムエレベートライトを購入、使用した感想!

趣味 / 娯楽
DSC_0095

2021年3月に発売されたDIADEM ELEVATE LITE(ダイアデム エレベートライト)を購入しました。

ダイアデムのテニスラケットは、日本で発売されてからまだ日が浅いですが、取り扱ってる店舗が少しづづ増えてきてます。

僕自身もダイアデムのラケットは今回が初めての使用ですが、実際に購入して使った感想を書いてます。

ダイアデム(DIADEM)とは?

DSC_0095

ダイアデムは2015年にアメリカ・フロリダでストリングメーカーとして設立されました。

ロジャー・フェデラーのヒッティングパートナーを務めていた元ATPプロ選手やツアーコーチなどが集い、プロテニスプレーヤーの視点から選手のために立ち上げたブランドが「ダイアデム」です。

そしてプロ選手を初め、コーチやジュニアプレーヤーなどの意見を取り入れ、同ブランドのメインラケットとして完成したのが「ELEVATE(エレベート)」と「NOVA(ノヴァ)」シリーズとなります。

エレベートシリーズはスピン性能とコントロールを両立したモデルとなり、ノヴァは爆発的なパワーと広いスイートスポットが特徴で、日本では2020年1月から国内での取り扱いが開始されました。

ダイアデム エレベートライトのインプレ

DSC_0088

カタログスペックは以下の通りです。

メーカー      ダイアデム
品名        ELEVATE98 LITE
フェイス      98平方インチ
フレーム厚     21.5mm(フラットビーム)
長さ        27inch
重さ        平均295g
バランス      平均330mm
グリップ      G0/G1/G2/G3
ストリングパターン 16×20
カラー       ティール(青と緑の混合色)
素材        HMTカーボン
機能        FSシステム、インパクトシールド
価格        33,000円(税込み)

ファーストインプレッション

今回、ストリングはダイアデムのエボリューション130を48ポンドで張って使用しました。

初回に使用した時の感想ですが、エレベートの口コミや評判で多い意見と同く、ストロークで芯を食った時の打感が良く伸びのあるボールが打てます。

また、ボレーは抑えが効いて重い打球が打てました。

ノーマルのエレベートと比べこちらは290gと軽めですが、それでも面ブレが少なくとても扱いやすかったです。

僕はこれまでHEAD(ヘッド)のラジカルMPを使ってましたが、ラジカルMPの使用感に近いとこもあり比較的違和感なく使用することが出来ました。

また、サーブもラジカルMPとの比較ですが、回転がかけやすかったのが印象的です。

デメリットですが、オフセンターの時は硬く感じました。

これはエレベートライトではなく標準の「エレベート」を使用した他の方の評判ですが、メルカリで出品してる方でも「固くて合わない」と言って手放した方や、知りあいのテニスコーチでも「固い」といった意見がありました。

固いラケットはちょっと……という方は、注意が必要です。

但し、僕の意見は1~2回の使用で固くて使いづらいと断言するのは、ちょっと早計と思います。

ここまでは主に初回使用時の感想ですが、ここからは暫く使ってからの感想です。

エレベートライトを使った感想

まず、使ったデメリットとして硬いと書きましたが、数回使用したら気にならなくなりました。

少し硬いと感じた主な原因は、慣れるまでオフセンターで打つ機会が多かったからだと思います。

僕の場合、初めの1~2回(2~4時間)はたまに硬いと感じるのが気になってましたが、3~5回(約6~10時間)ほどの使用で改善されました。

硬いという意見が気になってる方や、一度試打してイイ球が打てるけどちょっと硬いのが気になったんだよねって方は、少し長い時間使ってみるのをおすすめします。

また、初めのうちは中途半端なスイングをした際に打球が妙な伸び方をした時があったのですが、こういったことも使い慣れていくうちに改善されました。

ダイアデムはアメリカ・フロリダ発のメーカーですが、海外では速いボールが打てる硬いラケットが好まれる傾向ですので、日本人には初め少し硬いと感じる仕様になってるのだと思います。

僕はフラット系のショットが得意で、ストロークで押しこんでくのが好きなので、このラケットへ変えてから、以前より伸びのある球が打てて一段威力が上がりました。

また、打球を芯でとらえたときは、軽く振っただけでもしっかりとした打球が打てます!

周りの方からも前より球が伸びてくると言われるので、速くてノビのある打球を打ちたい方には特にオススメです。

まとめ。エレベイトライトを使用した感想

ダイアデムのエレベートシリーズは一番重い315gのツアー、

標準で黄金スペックに近い305gのエレベート、

とありましたが、要望が多かったライトモデルが登場しました。

エレベートライトは、全日本ジュニア出場クラスのジュニア選手に繰り返しテストして、ジュニアでも扱いやすよう軽量でもトップヘビーとすることで強い打球を打てるよう設計され「ジュニアや女性でも使えるスペック」となってます。

このラケットの登場でダイアデムを使う方が増えると思います。

ちなみに、エレベートはとても綺麗な緑色で、周囲の評判も良かったです。

周りで誰も使ってないラケットを使用したいって方にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました