後悔と涙。辛いとき、悲しいとき、時には泣いてもいいと思った日

久しぶりに泣きました。涙を流しました。

ここ1週間ほどず〜っと頭の中から離れない、後悔した出来事がありました。

初めは怒りの感情もありましたが、段々とその感情は悲しい、寂しい、苦しい、辛い、そして残念……と様々な感情が入り乱れ、きちんと眠れなくて夜中に目を覚ましたりして、徐々に自分が何故こんなに苦しんでて、後悔してるのか、昨日とそして今朝になって、真実というか素直な気持ちにたどり着いて、そして涙を流しました。

スポンサーリンク

後悔と涙。でも、泣いてもいいんだ

もちろん、後悔ってことはもう戻れないことがあったので、後悔して苦しんでたのですが、でも無理やり落ちない、沈みきらないようにもがいてたのか、余計に苦しんでたような気もしますが、涙を流したら少し気持ちが楽になりました。

本当に久しぶりに涙を流して「辛い時に涙を流すのって重要なんだな」「男だって泣いてもいいんだな」って思いました。

本来であれば、今回の出来事を話すのかもしれませんが、私は自分が弱いことをわかってて、つまり、この後悔はきっとまだ暫く続くこともわかってます。ですので、今回の出来事を少なくとも今書こうとは思えません、というか出来ませんってのが正解なのかもしれません。

あと、少し泣ききれなかったので、もっと激しくどん底まで落ちて、もっとたくさん涙を流すことが出来れば良かったなと少し思いました。どういう意味かと言うと、もっと落ちてから復活してたら、復活する幅も大きいので違った気持ちだったかもってことです。

でも、泣いてるうちに、ああ、そう言えば昔、大人になってから激しく泣いたことがあったなってことを思い出しました。涙を流してるうちに、内容や感情は少し違うけど、辛くて、悲しくて、でもそのお陰で少しだけ強くなれた、成長出来たことを思い出しました。

スポンサーリンク

大好きだったあの人と涙

泣いてるうちに、昔好きだった、大好きだった女性のことを思い出しました。

今の私があるのは、あの人のお陰……ってのは言い過ぎかもしれませんが、あの後ほんの少しだけ強くなれて、成長することが出来て、この次からは後悔しないようにこうしようってことを結果として学ぶことが出来て、きっと今こうして生きているのは、もしかしたらあの頃、あの人に出会って一緒に過ごす時間があったからかな……少し前は、たまにそんなことを思い出す時もありましたが、今日、涙と共に久しぶりに思い出しました。

好きだと言えなくて

あの人と出会ってからどのくらい経った時か、どうしてそんな話になったのかは、もう覚えてません。だけど、今でも覚えてることがあります。

おそらく、私があの人に対して恋愛感情を持ってると自覚してから、少し経った頃だったと思います。
何かの話のなかで「私は〇〇を終えるまで誰とも付き合わないって決めたんだ」って言われました。
(〇〇の内容は内緒にさせて頂きますね)

当時、付き合ってる人がいるか気になってたので、もしかしたら、私から「今彼氏いるの?」って聞かれたから、この答えが出てきたのかもしれません。その時、嬉しさが少しと、でもそれ以上に暫く誰とも付き合わない=なんだか振られたような気持ちになったのを、今でも覚えてます。

っあ、今思えば、複雑な表情をあの人に見せてたかもしれません(笑)

それからも、たくさん会ったりはなく、一緒に過ごす時間は決して多くはなかったのですが、たまに一緒に出かけて、食事したり買い物へ行ったりして、私のあの人への気持ちはますます大きくなっていきました!

でも、なかなか自分の気持ちを伝えることは出来ませんでした。

1つは、私の頭の中から「暫く誰とも付き合わない」って言われたことがずっと離れなかったこと。もう1つは……少し住む世界が違うというか、少なくとも当時の私はそう考えてました。

あの人は決して美人って感じではありません(怒られそうか?こんなこと言ったら)でしたが、私はどちらかというと、いや普通に地味な方で、向こうは派手というか少し目立つというか(^^;

今思えばくだらないことですが、色々なことを気にしてました。まあ、ありきたりですが、もし告白して振られたら、一緒にいられなくなるのが怖かった、ってのも大きかったと思います。

それから、近からず遠からずのような関係が続きました。帰り際に「よし、今日こそ気持ちを伝えよう」とか「今すぐ抱きしめたい」とかって思うことが、何度も何度もありました。

でも、どうしても自分の気持ちを伝えることが出来ませんでした。

そうこうしてる内に、年下で少し気になる(ちなみに、あの人は年上)子と出会ことがありました。タイプは全然違くて、あの人は普段は気が強くて極まれに弱い所をみせる時がある……年下の子はどこか危うさがあって、当時は守ってあげたいような感情を抱いてました。

そして……とうとう年下の子に告白して付き合うことを決めました。暫くして、どちらも好きだと思ってました。
でも、あの人はきっとまだ誰とも付き合う気はなくて、だから、自分の中でけじめというか、なんというか、はっきりさせようと思ったからです。

告白の結果は……無事にその子(年下の子)と付き合うことになりました。まあ、先に言うと残念ながらそれほど長続きはしませんでしたが(^^;

で、泣く話が出てこないじゃんってことですよね。

私はなんというか不器用なんで、その子と付き合うことになって暫くしたある日の帰り道に、あの人にメールを書きました。細かい内容は割愛しますが「彼女ができたこと。だからもう会わないようなことを……」

この時、自分でメールを書きながら、なんだか辛くて、悲しくて途中から涙を流してたのを覚えてます。その時、彼女となった子が住んでた所から車で帰る途中でメールを送ったのですが、メールを送った後も、涙が止まらなくて、暫く運転することが出来ず、車をとめて駐車場でかなり長い時間を過ごしました。

振られたわけでも、自分から振ったとかとも違いますが、ただただ涙が止まらなかったです。

そして、家に帰ってから暫くして、あの人からメールの返信があって、それを見てもう一度泣いたのを忘れられません。

当時「別にメールなんか送らず黙って連絡しないようにするのが良いのでは?」っと思ったりもしてました。そして、今でもよくあの人は返事をくれたなって思ってるのと、その返信内容がまたあの人らしくて、余計涙が止まらなかったのですが……でも、今はイイ思い出で、返信くれたことも本当に本当に感謝してます。

その後、今日まであの人と会ったことはありません。今でも何が正しかったかはわかりませんが、当時あの人が大好きだったのは間違いなくて、あの時以降、自分の気持ちを言わずに後悔するようなことはないようにしようと思いました。

この経験があって、これ以降「何もしないで後悔するより、何かをして、やることやった上で後悔する方が良い」ことを学び、それから先の、そして今の私があるように思えます。あと、この時、涙を流すと気持ちが楽になることを、大人になってからちゃんと知った時だったのかもしれません。

……今回涙を流したことで思い出したあの人との日々や思い出、そして当時の私の想いは、私の人生の中で、望んだ結果は得られなかったけど、それでも良かったと思える唯一のことかもしれません。

泣くことの意味というか、大切さを思い出しましたが、恋愛、誰かを好きになるってことは、楽しいだけじゃなく、辛い思いをするときもあるけど、でも、それでも恋愛するのはいいことで、良い経験になって、成長したりもあって、やっぱり誰かを好きになるってことは大事なんだなってことも、久々に再確認しました。
(とは言え、よほどのことがない限り、私が恋愛することはもうないのですがね)

私は、男だけど大人になっても、まだ泣いてしまう時があるような弱いやつですが、でも、誰かを好きになるってことは、時にとてつもないパワーを生むことを知っていて、そして、時にはこうやって昔のことを思い出すことで、少し救われるような気持ちになることもあって、なんか上手くまとまりませんが、最近は恋人を作る人が減ってるような話を、インターネット上で見たりしますが、とてももったいない気がします。

辛くて涙を流すような経験をすることもあるかもしれませんが、でも、本来はこういう経験を積み重ねながら、人は成長していくんだと思います。

スポンサーリンク

辛いとき、悲しいときは泣いてもいい

後悔。話が戻りますが、今回(あの人との話ではなくて)はとても後悔してます。何かしての後悔の方が良い……今回の件では、途中の6〜7割くらいまでは、自分なりに後悔しないように出来てた方だと思います。たらればの話をしても仕方ないのですが、でも、後悔しないように最後まで出来なかった、もしかしたら変えられた未来を、自分が望んだ結果を得られたかもと思うと、まだ悔しいというかとても残念です。

今回の出来事は、なんというか結果がなくて先に結論が出てしまって、普通は何かの結果があるからこそ、人はそれを受け入れて前に進むことが出来るんだと思いますが、今回はその結果、仮に上手く立ち回れてたとしても、ダメだった結果があったのかもしれませんが、それすらないのは全然違くてとても残酷だということを、今更ながらに知ることになりました。

「後悔先に立たず」ということわざがありますが、正にその通りで、今なら最後の最後の最後まで話し合いや、努力を続けていればっと思うと……やっぱり、とても悲しくて、やり切れない思いがあります。

でも、今日涙を流した、泣いたお陰で少し気持ちがスッキリしました。
まだ完全に復活は出来てませんが、少しづつ前を向いていこうと思い始めました。

これから先も、何度も思い出したりする機会、きっかけがありそうなことだったので、正直、それも想像すると辛いです。少なくとも私の中で、最高と思える結果は、もう二度と手に入らない状態なので、でも、この違った未来で良かったと思える日々を過ごしていければいいなとも、徐々に思えていけそうです。

涙を流すことの効果は、科学的にも根拠があるようですが、私たちが生きていく、成長していく上で、時にはとても大切なことであって、だから大人になったからとか、女性はもちろんですが、男だってことなど気にせず、本当に辛いことや悲しいことがあった時は、泣いていいんだと思いますよ。

私みたいに、泣くことで、涙を流すことで気持ちが楽になったりすることがあります。

泣くことは恥ずかしいことではないです。時には感情に身を任せて泣く日があって、涙とともにナガティブな感情から解放されることは、とても大切だと思います。

コメント