家事に文句を言ってはいけない

「しまった! そんなつもりで言った訳ではないのに……」

先日、妻と一緒に家の掃除をしてた際に、妻を怒らせてしまったことがありました。
皆さんも意図せずよからぬ言い方をして、相手を怒らせてしまったことはありませんか?

今回は私自身への反省も踏まえて、先日妻を怒らせてしまった出来事をお話したいと思います。

スポンサーリンク

家事に文句を言ってはいけない

これは午後に来客がある為、妻は主に水回り(台所、お風呂、洗面所、トイレ)の掃除と洗濯を。私はその他の部屋の掃除をしてた時の話です。

妻は専業主婦です。
子供が小さい頃は週末に部屋の掃除を私がしてましたが、最近私が部屋の掃除をする機会は減っていました。この時は久しぶりってこともあり、珍しく細かいところも掃除しようと思ったのが、そもそもの発端です。

カーテンレールの埃が気になる

私が部屋の掃除をする時はだいたい掃除機でゴミを吸い取るだけですが、この時カーテンレールに埃が溜まってることに気づきます。

ふとしたことで、細かいとこが気になり始めることってありませんか?
私はこれがきっかけで色々な場所の埃が気になり始めてしまったので、カーテンレールを中心に埃を落としながら掃除をしました。

ここまでは良かったのですが……1階の(我が家は2階建てです)掃除を一通り終えて、妻が2階の掃除は自分でやると言ってたのですが、まだ洗濯物を干してるようでしたので、2階へ上がって妻とすれ違った時。

「カーテンレールに埃が溜まってたけど、ちゃんと掃除してるの?」

と失言してしまいましたm(_ _)m

正直、特別意識してたわけではないので、私の本音的な部分があるのは認めます。
そして何を言っても言い訳になるのですが、本当はもっと別の言い方をしたかったのです。

妻はこの言い方に怒りました。
そして、その後の昼食準備をボイコットし外出しました。

結局この時は、その場ですぐに謝ってたのと幸か不幸か午後に来客があったこともあり、昼過ぎに妻は戻ってきたのですが、この後暫くこの件でギクシャクしました。

思いやりのないことに反省

ここからは反省ですが、我々夫婦も結婚し子供ができてそれなりの年月が経ちました。
付き合ってる頃は相手のイイ面に目がいってましたが、長く一緒にいるとどうしても相手の嫌な部分に目がいくことも多いかなと思います。

でも、本当は日々のちょっとしたことに感謝したりとかが大事で、思ったことや気づいたことなどを伝える時、相手のことを思って言うのが大事なんだと思います。

でも、年々そういった意識が薄れてしまってるんだと思います。あとは何というか相手への甘えですかね。

そして、これがきっかけで過去にも妻への心無い一言で、嫌な思いをさせたことがあるのを思い出しました。その時は反省して気をつけようと思ったのですが……また似たような過ちをしてしまいました。

反省して思うのは「妻への思いやり」を忘れてはいけない。ってことです。

普段、家事のほとんどを妻がやってくれてますので、それに感謝すること。
子育てを頑張ってくれていることもそうですね。

あとは、中々口に出せない「ありがとう」の言葉を伝えることも少し忘れてる気がしました。

これらを忘れずに、毎日を過ごしていきたいと思います。

コメント