クーポンで料金をお得に!夜まで楽しめる秋田の大森山動物園と遊園地ANIPA(アニパ)

お盆休みに、秋田県秋田市にある「大森山動物園とゆうえんちANIPA(アニパ)」に行ってきました。

朝から夜までお得に様々なことが楽しめるテーマパークですので、紹介します。

スポンサーリンク

大森山動物園とゆうえんちアニパ

「大森山動物園とゆうえんちアニパ」は、遊園地が動物園内に併設されたお得なテーマパークです。

お盆休み中でしたが、適度に空いててイイ感じで子供が遊ぶことが出来ました。特に遊園地に関しては、ほとんど待ち時間なくアトラクションに乗ることが出来ましたので、子供はかなり楽しんでました。

大森山動物園とゆうえんちアニパの料金


大森山動物園の入園料として、大人720円(高校生以下無料※学生証の提示が必要)が掛かりますが、ゆうえんちアニパは動物園を経由して入れますので、この入園料720円だけでどちらも入れることになります。

入園料の割引クーポン

幾つか割引方法がありますが、一般の方が100円引き適用される方法は大きく2つです。

1つは、公共バスの利用者や市内宿泊施設(一部を除く)にお泊まりの方に割引クーポン券が提供されています。バス利用者はバスの運転手に、宿泊施設利用者はフロントへ申し出ると貰うことが出来ます。

もう1つは、HISのクーポン利用です。HISクーポンアプリをインストールしクーポンダウンロード後、チケット窓口でクーポンを提示すると、クーポン券1枚で大人5名まで620円で入園出できます。
【100円割引】大森山動物園~あきぎんオモリンの森~

また、JAF会員の方は、チケット窓口にJAF会員証を提示すると、フォトカードを1枚もらうことができます。他にも、年間パスポートや回数券も販売されてます。

アトラクションの利用料金

アトラクションへ乗る場合は、事前にのりもの券の購入が必要で、1回300円で2歳以上から料金が発生します。


※12回券に関しては、JAF会員割引が有

子供には単券、100円お得な4回券、300円お得な8回券、600円お得な12回券のいずれかを購入し、7歳未満のお子さんと一緒に多く乗るなら「パートナーパス」という付き添い者専用のフリーパス(単独使用は不可)購入が良いと思います。

この「パートナーパス」は、年内有効のフリーパスになりますので、何度も訪れる方は断然お得です。

大森山動物園とゆうえんちアニパの開園時間

通常、動物園の開園時間は9:00~16:30で、ゆうえんちアニパは10:00~16:30になってます。

動物園に関しては冬季の土日祝日のみ、雪の動物園を開園しており、この間は10:00~15:00までとなってます。
※ゆうえんちアニパは春先から晩秋までの営業です

また、お盆シーズンのみ「夜の動物園」と「ナイトアニパ」や、9月の特定日に夜のゆうえんち(トゥインクルアニパ)なども開催されてるようです。

大森山動物園で飼育されている動物たち

大森山動物園で飼育されている動物たちを幾つか紹介します。
(実際はもっともっとたくさんいますので、ほんの一例です)

キリン

運が良ければ、かなり近くで食事してる姿が見れるかもしれませんよ。

ぞう

子供が大好きな動物の代表の一つですね。

アムールトラ

トラはいつ見ても迫力はあります。

カピバラ

癒しの動物と言えば、お風呂大好きなカピバラさん。

ゆうえんちアニパのアトラクション

アトラクションは全部で11種類です。

キリン フォレストのジェットコースター

2歳以上から乗れるジェットコースターです。スピードはありませんが、カーブでの横揺れが少し激しかったので、小さいお子さんが乗る時は支えて上げた方が良いかもしれません。

ジュニアたちの小さなメリー

子供たちが大好きなメリーゴーランドは外せないですよね。2~4才の付き添いは無料ですが、それ以外のお子さんと乗る際は有料となりパートナーパス適用外になりますので、注意が必要です。

ジャングルサークル(観覧車)、ペリカン バーガンと空とぶ魔法のバイク

定番の観覧車に、足で漕ぐと高さが上がっていく回転アトラクションもあります。

アニマル列車、ゾウ レグホーンJr.のモノレール

レールを走る列車と、モノレール式と2種類の列車が走ってます。

ネズミ ラセットの宇宙船

スポンサーリンク

大森山動物園とゆうえんちアニパのまとめ

遊園地には他にも宝探しが出来る「ミラーハウス」や、船が振り子のように揺れるアトラクションなどもありました。ゆうえんちアニパの大きな特徴の一つは、ほとんどのアトラクションが2歳から乗れることだと思います。

これは中々珍しいですよね。

大森山ゆうえんちアニパ公式HP

また、動物園内には「アソヴェの森」という名の子供たちが遊べるエリアがあり、ここには長いすべり台などもありました。

入園料だけ(お子さんは基本無料)で動物園やアソヴェの森で遊ぶのも良し、のりもの券を購入して遊園地でアトラクションも一緒に楽しむのも良しといった感じで、2倍楽しむことが出来る場所です。

地元の方はもちろんですが、小さいお子さんと一緒に秋田及びその周辺へ行かれる方は、一度チェックしてみては如何でしょうか?

大森山動物園ホームページ

コメント