マンガで感動したいと思う方に一度は読んで欲しい!1/11(じゅういちぶんのいち)をご紹介

私の趣味の一つは、マンガを読むことです。

最近はとても便利になって、スマートフォンのアプリを使えば、無料で色々なマンガが読めるので、本当に嬉しい限りですよね。機会は少ないですが、長期のお休みのときとかは、マンガ喫茶にこもって読みたいと思ってたマンガを読みふける時もあります。

でも、お気に入りの漫画はやっぱり単行本で、自宅でゆったり読みたいと思います。

今回は最近出会って、つい全9巻セットを大人買いしてしまった(笑)「1/11 じゅういちぶんのいち」についてです。

スポンサーリンク

1/11 じゅういちぶんのいち


ジャンルで言えばサッカーの話ですので、スポーツマンガに入るのでしょうが、なんというか読んだあとに「とても優しい気持ちになれる」素晴らしい作品だと私は思いました。

1/11は一話完結型

本作は主人公である「安藤 ソラ」を中心に、周辺人物の人間模様を描いたお話です。
話の順番は1巻から順に読んでいっても、必ずしも時系列になってませんが、一話完結型のお話ですのでどこから読んでも楽しめると思います。

まあ、さすがに第一話くらい読んでないと、重要人物を逃すことになりますので、これ誰だ?ってのはあると思いますが、それでも十分楽しめると思います。

一通り読み終えてから知ったのですが、実写による映画化がされていたり、小説にもなってたんですね。全然知りませんでした(笑)

ちなみに、私はマンガや小説から入ったものは、基本的にアニメ、映画、実写映画等になってもほとんど見ません。どうしても自分で持ってたイメージが崩れてしまうので、それが残念でならないからです。きっと、同じように考えてる方は多いと思うのですが、みなさんどうですか?

イチオシです!

このマンガを読んでる間、私は何度も涙が出そうになりました。もちろん、イイ意味の涙ですよ。電車の中で読んだ時もあったので、あやうく涙がほろりとなりそうになって、ちょっとあせりました(^^;

もし興味を持った方がいたとすれば、あまり話をするとつまらないと思いますので、多くは語りませんが、近年私が読んだ中ではちょ~おすすめのマンガです!

機会があったら一度読んでみて下さい。
私も早速読み返したいと思います。

コメント