2017グアム旅行。突然訪れた直前での旅行キャンセルの危機

2017年3月24日㈮
この日の夜、仕事をしてると普段はマナーモードで鳴るはずのない携帯のメール着信音が鳴りました。

これは、我が家に起こったグアム旅行に関するキャンセル騒動のお話です。

スポンサーリンク

グアム旅行キャンセルの危機


この時、実はかなり仕事がはまってたのですが、嫌な予感もあって仕事を抜けて確認してみると、家族から一通のメールが入ってました。

「ネット見て。てるみくらぶが……涙」

その場でインターネット記事のトップニュースを確認しましたが、特に何もありませんでした。ですが、てるみくらぶで検索してみると。

「てるみくらぶで発券トラブル……」
「てるみくらぶBSP不履行か?」
「成田空港から引き返すことになったご家族の話」

などが出てきて、その瞬間「これってグアム行けないんじゃないの!!」っとの不安がよぎりました。そう、今回の旅行は「てるみくらぶ」で予約していたのです。

この時点ですでに出発出来なかった方も居ましたので、正直一度はダメかなと諦めました。
そして、ここから出発するまで、本当にドタバタした毎日を過ごしました。

航空券はセーフ

日にち変わって家族と今後の対応を相談し、まずは航空会社に状況確認です。
すると「eチケットを発券済ですので、現時点では問題なくご搭乗頂けます」との回答。

しかし、これだけでは安心出来ず、この後も何回か航空券に関しては確認させて頂きました。
もし、航空券が無効にでもなったら、その時点でどうしようもないですからね。

不安の一つとしてここで分かったのは、キャンセル出来る権利は「てるみくらぶ」が持っていて、もし航空券をキャンセルされたら、我々はどうすることも出来ないということ。

航空会社の方に何か手はないのか確認してみましたが、これに関してはどうしようもないそうです。

旅行会社で予約した場合

旅行会社で予約した場合ですが、支払い契約は以下となります。

 旅客 → 旅行会社 → 航空会社やホテル

つまり、金銭に絡んだ直接的な契約は「旅客→旅行会社、旅行会社→航空会社」となっており、今回のように旅行会社を介して航空券を手配している場合、キャンセルなどの手続きは実際に搭乗する客ではなく、旅行会社が権利を有しているようです。

参考までに、旅行会社で航空券を購入した場合、キャンセルに伴う払い戻しがされる際は、払い戻し手続きを経て(取消料が発生)後日返金されるようなので、旅行会社から旅客への返金時期は航空会社から旅行会社への返金後の場合が多いようです。

一方、ホテルの予約状況は

最初、メールで問い合わせようと思いましたが、出発日まであまり時間もないので、ホテルへ直接電話しました。

すると、「お客様の予約は確かにありますが【てるみくらぶ】から現時点で代金がお支払されてない」とのことでした。

この時点でネットなどには、てるみくらぶで予約された他の方の話しとして「現地のホテルに着くなり、ホテル代を請求された」などの話がすでに出てましたので「やっぱり」っと思いました。

そして、対応してくれたホテルの方へは、メールアドレスを教えて「何か動きがあったら連絡下さい」とお願いしておきました。

再びの家族会議

ここまでの以下状況を家族と共有し、どうするかを相談しました。

・航空券は「現時点では」有効
・ホテルの部屋はキープされてるが、支払いはされてない

追加情報として、
・同じ日程の航空券に空きがないか確認し、同じ航空会社だとビジネスクラスの方がエコノミーより安く、それならまだ席が残ってそう。

 但し、既に支払い済の旅行代金と比べ、航空券代だけで大きく上回る(他の航空会社ならもっと安いのもありましたが)

・ホテルも、このまま旅行会社から代金が支払いされなければ、我々が払う必要があると言ってる。その場合は特別料金(通常手配と比べ、安くしてくれるってことのようでした)で対応する予定とのこと。

結論としては、多少のリスクへの覚悟と、少なくともホテル代の再支払が必要かもしれないけど、発券済eチケット(航空券)が有効なら行こうよ。ってことになりました。

コメント