諦めないからこそ道が開ける!30代で転職活動して思ったこと

私は過去に一度転職してます。転職に至った主な理由は、雇用形態と収入の不安があったからです。

転職する前は、長い間「派遣エンジニア」として複数の企業の中で働いてました。派遣エンジニアのメリットは様々な経験を積むことが出来たりだと思いますが、前の会社での給料は正直低かったと思います。

毎日、毎日本当に忙しく残業が多かったので、残業代でなんとかやっていけたってとこですね。いわゆるブラック企業だったと思います。

この派遣エンジニアとして働いている間、何度も転職しようと思ったことがありますが、中々転職活動の第一歩を踏み出すことが出来ませんでした。しかし、最後は無事転職成功に至りました。

今回は、30代で実施した、私の転職活動についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

転職の選択肢は幅広い方が良い

私の場合、前の会社で働きながら転職活動をしてました。既に結婚してたこともありますので、当然会社を辞めた状態でリスクを負いながらの転職活動は出来ません。

しかし、働きながらだと、どうしても限りある時間の中での活動になりますので、平日の夜中だったり休日だったりに準備をしてましたので、正直中々大変でした。

転職を目指す方の大半は、現職で働きながら活動されると思いますので、ある程度時間を割く必要があるということは、まず最初に覚悟しておく必要があると思います。

転職支援サービス実績№1のリクルートエージェントを活用

メイン転職活動の一つとして、私はリクルートエージェントに登録し活用してました。

こうした転職エージェントによる転職活動のメリットとしては、自分の職歴とマッチした会社を紹介してくれることです。紹介頂いた会社・企業の中には、自分が知らない企業や情報が多数出てきましたので、メリットはとても大きかったと思います。

また、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など様々な面で転職活動をサポートしてくれるのも非常に有難かったです。こうしたサービスを無料で利用出来て、自分の好きなタイミングで利用を停止することも出来ますので、基本的に煩わしいことはありませんでした。

もう一つ、私の場合はエージェントの方と実際に会って話すことで、転職への不安や悩みなどがかなり解消されたと思ってます。転職活動する場合、その相談先は性質上狭い範囲になると思います。こうした状況の中で、専任として何も気にせず転職に関して相談出来る相手が出来ることも、大きな強みだったと思います。

反面、デメリットを上げるとすれば、中途採用はこれまでの職歴を活かした即戦力として期待されるのが基本ですので、今までの経歴とは違った業種や仕事をやってみたいということであれば、こういった転職支援サービスの利用は向いていないと言えます。

何故かと言うと、無料で利用出来るということは、紹介先企業との間で紹介料が発生してるはずです。当然企業側も有能な即戦力を求めてますので、転職エージェントの方は未経験・関連しない職種はまず紹介しません。

実際、私自身エージェントの方に違った業者や職種を希望出来るか聞いてみたところ、それは厳しいと言われました。

もし違った業種・職種への転職を希望するなら、未経験でも募集してるオープンエントリーなどから申し込みをすれば可能性はあると思いますが、当然経験者の方が優遇されますので長期戦の覚悟は必要だと思います。

例えば今の会社で違ったキャリア形成が難しくかつ、転職したいのであれば、一度今の経歴を活かして転職し、転職先で新たなキャリア形成を模索することも手段の一つだと思います。

リクルートエージェント

・転職成功実績№1
・業界最大級の求人数
・各業界に精通した実績豊富なキャリアアドバイザーが多数
・書類の添削、面接対策、業界・企業情報の提供など転職サポートが充実

リクルートエージェントを通じて転職活動した際、企業とこちらの条件をマッチングして紹介しれくれますので、応募してから1次面接と2次面接へ行くまで、かなり早いテンポで進んでいきました。順調であれば応募して1月も経たない内に、内定を頂くとこまでいくと思います。

複数の転職サイトへ登録し、様々な求人情報を入手

リクルートエージェントと併用して、複数の転職サイトへの登録もしてました。当時、私が登録してたのは、エン・ジャパンの転職サイトである「エン転職」や「マイナビ転職」、それと「リクナビNEXT」です。

転職サイト活用のメリットは、多くの求人情報から気軽に情報を検索出来ることや、自分の好きなタイミングで応募出来ること。そして未経験の職種へも挑戦できることだと思います。

情報量=転職出来るチャンスの数になりますので、転職サイトの登録数が多いに越したことはないと思います。私の場合は、当時メジャーだった上記3つの転職サイトと、それ以外に条件を満たせば誰でも応募出来る、市役所(当時は公務員への転職も可能性の一つとして視野に入れてました)などの情報を探したりしてました。

最近は昔以上に多くの転職サイトがあって情報を得る場が増えてますので、自分で管理出来る範囲で少しでも多く登録するのはありだと思います。

上記以外だと、例えば「@type」は職種限定のこだわり条件設定が可能だったり、「市場価値診断テスト」や自分の適正年収や強み・弱み、不足してるスキルなどを知ることができる「転職力診断テスト」があったりしますので、使える物は多く活用すべきだと思います。

実際、私は転職サイトからの応募で、現在の会社へ転職しました。

スポンサーリンク

転職は行動あるのみ!

私の転職活動では、最初にリクルートエージェントから応募した企業で内定を頂きました。条件としては当時の年収で約20%UPと、当時私が携わってた業務に比較的近い内容での採用でしたので、条件としては良かったと思いました。

しかし、採用された後に担当する予定とされていた業務というか製品の発展性に少し不安を感じたこともあり、色々熟慮した結果その時はお断りさせて頂きました。

一方、その際リクルートエージェントを通じて応募してた他社と、転職サイトより応募してた企業の面接が残っており、その次に結果が出たエン転職より応募した企業で、お世話になることを決めました。

実は今の勤め先は、最初応募するつもりはなかった所でした。理由は、ネガティブですがそれなりに知られた企業だったので、正直チャンスが少ないと思ってたのと、もう一方の会社が2次面接前まできており、活動時間確保に苦慮しそうだったなどがあります。

詳細はまた別の機会で触れられればと思いますが、それでも応募したのは「応募しなよ。やってみないとわからないじゃん!」との妻の言葉、後押しがあったからです。ですので、妻にはとても、とても感謝しています。

ちなみに、この時私は30代前半でしたので、気持ちとしては最初で最後の転職のつもりで望み、無事転職することが出来ました。

こうして転職活動して思ったのは、やはり「常に動く、転職活動を続けていないと決してチャンスはない」ということです。

そんなの当たり前じゃんと思われかもしれませんが、実際私もそうでしたが「転職したいと思ってるんだよね」とか「本気で転職考えてる」っと言ってる方も、実際に動いてる方はそんなに多くはないと思います。私の場合も、転職した方がいいかなっと思ってから、実際に活動始めるまで……何年も経ってからでした。

最後に、諦めずに活動していれば必ずチャンスがあると思いますので、考えてるだけでなく、まずは第一歩を踏み出すことが大事だと思います!

コメント