【レビュー】ASUS ZenBook UX333FA-A3146R

最近、どこでも持ち歩ける小型のノートPCを探していて、ついにASUSの13.3インチノートPC「ZenBook UX333FA-A3146R」を購入しました。

NTT-Xストアの台数限定の超お得な価格で購入し、とても良い買い物でした。

しかし、今回は購入後に凡ミスに気付くなど色々ありましたので、レビュー含め紹介します。

あと、同時期に購入した「LOGICOOL Pebble M350」のレビューもついでに記載してます。

スポンサーリンク

ASUS 13.3インチノートPC ZenBook UX333FA-A3146R


最近は仕事で使うPCも小型になり使い慣れたことや、家庭用のサブモニターもあると、家のPCも小型でかつ出先でも使える小さなPCがイイと思い探してました。

当初は、マウスコンピューターのm-Book Cシリーズの11.6型(メモリ8G、SSD 120~480GB辺りで)を狙ってたのですが,価格ドットコムでお得に購入出来た時期は過ぎてしまい……レノボで同サイズの安いPCがあるも、コストパフォーマンスは良さそうだけど、普段使いも考えるとどうしたものかと……

そんな時、NTT-X Storeで49.980円の割引クーポン適用で、59,800円で購入出来るこちらがあり購入しました。

 

こちらのモデル、NTT-X Storeで最初は10台限定で出てた時は、気づいたときには既に完売しており、私が購入したのは再入荷でもう少し台数増えて47台限定の時でしたが、再入荷に喜びほぼ即決で購入しました。

レビュー

これまでEPSON、東芝、NECと国産メーカーのPCしか買ったことなかったので、ASUSのPC購入は初めてです。

箱もコンパクトで、こちらがPC本体と付属品一式です。

【デザイン】
色はロイヤルブルーですが、デザインは洗練されてます。また、タッチパッド部含めて光るキーボードもカッコいいです。

タッチパッドがテンキー入力として切り替えられるのはこの機種のウリの1つだと思いますが……結局、あまり使ってません。

【処理速度】
第8世代のCORE i3かつSSDなので早くて快適です。普段使いでネットや動画を見るとかであれば十分です。

あと、PCの顔認証は初めてですが、正直起動スピードの速さはちょっと感動しました。

【拡張性】
有線LANは付属のUSB LANアダプターを使う必要があるので、有線LAN使用時はUSBポートが1つ埋まるのと、メモリーカードがSDカードではなく、microSDしか対応していないのは残念なところです。

デジカメは基本SDカードなので、この点がちょっと不便です。

HDMI端子があるので外部ディスプレイには繋ぎやすいのはGoodです。

【持ち運びやすさ】
これが今回購入理由の1つですが、重さ1.16kgと軽くサイズもディスプレイサイズ13.3インチにしてはとてもコンパクトでありながら、米国国防総省が定める軍事規格のMIL規格に準拠したミリタリーグレードの耐久性を確保しているので、様々な場所へ安心して持っていけます。

【バッテリー】
2~3時間程度なら余裕で持ってるので、私の使用範囲では必要十分です。ACアダプターも小型で助かります。

【デメリット】
最大のデメリットは、電源ボタンの配置だと思います。キーボードの一番右上、つまり普段ならdeleteの位置にあるのですが、慣れるまで何回か電源ボタンを押してしまったことがあります。サイズを少しでもコンパクトにする関係でこの位置になったと思うのですが、一工夫して欲しかったです。

結局、Windowsの設定から、電源ボタンの動作設定を「何もしない」としておくことで、起動中に誤って押しても大丈夫なように設定で対応することにしました。

あとはモバイルPCなので、ACアダプターのプラグは畳んでしまえるようにしてほしいところです。

それと、デメリットってほどではないですが、専用のポーチ袋が付いてますが、これはおまけみたいなものですね。

【総評】
59,800円で購入したのですが……

ジジ
ジジ

この価格で買えるならコストパフォーマンスは最高に良いと思います。

スペック情報

型番:UX333FA- A3146R
CPU:インテル® Core™ i3-8145U プロセッサー(2.10GHz-最大3.90GHz)
OS:Windows 10Pro 64ビット
メモリー:8GB(LPDDR3-2133)
ストレージ:256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
グラフィック:インテルUHD グラフィックス 620
ディスプレイ:13.3型フルHD(1920×1080)/非光沢
無線通信:無線LAN(IEEE802.11ac/a/b/g/n)、Bluetooth v4.1
外部インターフェイス:USB Type-C(USB 3.1)ポート、USB 3.1ポート、USB 2.0ポート、HDMI出力ポート、マイク/ヘッドホンコンボジャック、microSDメモリーカードスロット ※USBイーサネットアダプター同梱
サイズ:約302(幅)×189(奥行)×16.9(高さ)mm
Office:なし
重量:約1.16kg
バッテリー駆動時間:約14.9時間
スポンサーリンク

LOGICOOL Pebble M350


このPCと同時に購入したのが、ロジクールの「Pebble M350」です。昔からノートPCのタッチパッド部のマウス機能は合わなくて、必ずマウスを使うのですが、今後持ち歩くことも考えて薄さとBluetooth接続可能であることで決めました。

【デザイン】
思ったより薄いですが、慣れれば使えるぎりぎりのサイズだと思います。

【動作精度】
光学式なのでガラスの上とかでは使えませんが、普通に使う分には特に問題ないです。

【フィット感】
シッカリ握って使いたい方には厳しいかも……電池がある手前側に重心があるので持ち上げると意外と重く感じますが、持った感じも悪くないです。

【機能性】
Bluetooth接続は良好で、USB接続も選択出来るのはありがたいです。3ボタンなのでボタン機能は最小限ですが、ここは薄さ・コンパクト機能と引き換えなので満足です。

また、クリック音がとても静かでコンパクトなので、周囲を気にすることなく使えます。

あと、フタがマグネット式なので簡単に開けられるので、電池交換にUSBアダプタ取り出しも容易です。

【総評】
マウスを持ち運びすることを考えると、薄くコンパクトでとても素晴らしいと思います。
静音かつ操作性も良く基本性能をしっかりおさえているので、大変満足する買い物でした。

スポンサーリンク

おまけ:PC購入後の失敗談と救われた話

最後に、今回のASUS 13.3インチノートPC ZenBook「UX333FA-A3146R」購入時の、個人的な失敗談です。

実は……Microsoft Office付と勘違いして購入したんですね(笑)

恥ずかしながら、今回購入前にNTT-Xストアで気になってた時に、間違った型番を調べてたのがそもそもの原因で、次にNTT-Xストアで出てきたときは前回と同じ = office付きと勘違いしたままで飛びついて買ってしまいました。

で、最初はキングソフトのオフィス「WPS Office:旧KINGSOFT office」を使うか、Microsoftの無料Web版Officeで頑張るかを考えてました。

まずはMicrosoftの無料Web版Officeを試そうとログインすると、このPCにOffice Home and Business Premiumがインストール出来そうな気配が……本人にその認識は全くありませんでしたが、インストールライセンスが残ってたようで助かりました。

正直、紹介するにはとても恥ずかしい話で、勘違いから危うく大失態になるところでしたが、皆さんはこんなこと無いよう気をつけてくださいね。

コメント