いくら必要? ハワイでの結婚式とその費用をご紹介

青い空と海・白い砂浜を前にしての挙式……海外ビーチリゾートでの結婚式は憧れの1つですよね。私たち夫婦はハネムーンを兼ねてハワイで結婚式を挙げました。

今回は、少し前の話ですが、2人だけで実施したハワイウェディング(含む新婚旅行)についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ハワイでの結婚式とその費用

私たちがハワイで結婚式を行ったのは、10月後半でした。ちなみに、式場の申し込みはハワイの場合ならだいたい10カ月前~半年前に行うのが一般的で、どんなに遅くとも3ヵ月前には申し込みが必要だそうですが……我が家の場合は日程的にギリギリのギリギリと言える、およそ2カ月前の8月後半に申し込みを行いました。

理由は、お互い盛大に結婚式をやるのはちょっと……と意見が合ってたので、最初は結婚式はやらなくても良いかなって思ってたのがまず一つです。

ところが、いざ結婚することが決まってから、周囲の意見(特に、新郎の母が「一生に一度のことだし、奥さんとなる方のご家族に花嫁姿をみせてあげないとダメでしょう」との真っ当なアドバイス)もあり、徐々に内々だけででも結婚式をやろうとの考えになりました。

詳細は割愛しますが、最終的には2人だけで結婚式を挙げることになったのですが、それらが決まって結婚式をやろうと考えてた時期が、申し込みの約2カ月前くらいだったからです。

細かい話をすると、もう一つの理由として、その前に引っ越しトラブルもあって結婚式関連の準備が遅れたのもあるのですが……これはまた別の機会にでもお話出来ればと思います。

ハワイ挙式の申し込み

申し込みはJTBで行いました。JTBへ相談に行った際、2カ月前だと時間の余裕がないとのことを担当者の方に説明頂き、行ったその場で色々な話を聞いて、可能な限りの大枠(日程、ホテル、チャペル)はその場で決めて、「旅費+ウェディング費用」がセットになったパック料金で申し込みをしました。

尚、ホテルやチャペルなどは比較的人気のない時期だったので空いてたのですが、2カ月前の申し込みで一番ネックだったのは、ウェディングドレスに関することでした。

申し込んだ内容の提携先はワタベウェディングでしたので、後日ウェディングドレス試着ためにワタベウェディングの店舗へ訪れました。ウェディングドレスは購入かレンタルかを選べますが、購入する場合は「ウェディングドレス検討→購入→フィッティング→お直し」といった流れになります。

しかし、式の日まで2カ月しかなかったので、直しが入ると日程的に厳しくなる可能性があるかもとのお話でした。

当時、二人で「直しが入ると出発までドタバタしそうだから、直しが入らないといいよね」などと話してましたが……直しは必要なく無事ウェディングドレス(とおまけのタキシード)が間に合ったのは、本当に良かったの一言です。もし、ハワイやその他海外ビーチリゾートでの結婚式etcを予定されてる方は、ゆとりを持った日程での計画をお勧めします!

ハワイ挙式+旅行のセットプラン費用

「旅費+ウェディング費用」セットプラン料金と、それ以外に支払った結婚式関連費用は以下です。0円と記載しているところは、セット料金に含まれてる物です。

旅費+ウェディング費用(5泊7日) ※1名分468,000
旅費ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート0
航空券(成田発・エコノミー)0
デラックスディナー0
送迎(到着日は専用車でウエディングラウンジへ送迎)0
基本挙式挙式施設使用料(コオリナ・チャペル アクアベール)0
牧師または立会人(謝礼含む)0
音楽演奏・シンガー(謝礼含む)0
コーディネーター0
結婚証明書0
リングピロー0
式次第0
リムジン送迎0
貸衣装代(レンタル代金の一部:計10万円相当)0
ブーケ&ブートニア0
新婦ヘア&メイク0
アルバム(10万円相当)0

挙式関連

追加費用

ウェディングドレス(購入)※レンタル代からの割引後189,000
ブライダルインナー47,250
新婦小物(購入)21,000
その他新婦貸衣装代(現地レンタル)18,062
タキシード(購入)※レンタル代からの割引後81,900
新郎小物(購入)31,500
その他新郎貸衣装代(現地レンタル)1,204
ビデオ撮影220,000
合計1,545,917

注.当時の値段ですの参考です

旅費と基本挙式のセット料金で約94万円(47万円×2名)、プラスしてウェディングドレスとタキシードはレンタルでは気に入ったのがなかったので購入、小物・その他衣装代やビデオ撮影などを追加しましたので、総額で155万円ほどかかりました。

この中で一つ失敗したと思ったのは、新郎のタキシードはやっぱりレンタルで良かったなと思ってます。理由は、結婚式後にスーツなどにリメイク出来ればまだ良かったのでしょうが、選んだ色がスーツにするには適してなかったので、本当に1度きりしか使えなかったのでもったいなかったかと(^^;

せめて購入するならリメイクも視野に入れるか、そうでなければレンタル品の中で選べば十分だったと思ってます。

ハワイ挙式&滞在スケジュール

海外リゾートで挙式される方の大半は新婚旅行も兼ねてると思います。ハワイウェディングの場合は、6~8日の日程が一般的のようです。

私たちも当然ハネムーンを兼ねてましたので、5泊7日の日程にしました。でも、本当にあっという間に時間は過ぎていきましたので、もっともっと滞在していたかったです。

おそらく、人生の中で一番幸せな時間の一つですよね。

 1日目:成田発(夜)—日付変更線通過—
     ホノルル着(午前)→午後より挙式打ち合わせ
 2日目:ウェディングセレモニー本番
 3日目:自由行動(観光)
 4日目:自由行動(観光)
 5日目:自由行動(観光)
 6日目:ホノルル発(午前)—日付変更線通過—
 7日目:成田着(午後)

滞在中の結婚式を行う日程を選べましたが、私たちは2日目(初日は基本打ち合わせ)としました。理由は至ってシンプルで、間に1日観光が入るよりも挙式→新婚旅行といった流れがいいなとお互い思ったからです。

ちなみに、結婚式当日のスケジュールはこのように流れていきました。

ヘア&メイク

まず初めに新婦のヘア&メイクです。美容師さんがホテル出発の2時間くらい前に部屋に来てくれます。

新郎はもちろん自分で準備して、あとは待ってるだけです。ちなみにこのメイクの時からカメラマンも一緒にきて、写真撮影も行われます。

リムジンでチャペルへ移動

「アクアベール フレ・マリーナ・コオリナ・ル・プラージュ」はコオリナリゾートエリアにあります。ワイキキからは車で50分程度かかりますので、人生初のリムジンを堪能しました。

あと、ハワイ挙式で嬉しかったことの一つとして、ホテルからリムジンに乗り込むまでに当然ホテル内を歩いて移動するのですが、その間現地の多くの方に「Congratulations(コングラチュレーション)」などと声をかけてもらったのも、リゾ婚ならではの感動がありました。

現地でリハーサル

リハーサルといっても本当に簡単で、その場でちょっとした注意事項を聞いて後はリハーサルビデオを見て終わりです。正直、何も考える間もなくあっという間に式が始めりました。

ウェディングセレモニー

私たちが式を行ったアクアベールは、ガラス張りで海が見える素敵なチャペルでした。

※アクアベールは、2017年2月にコオリナ・チャペル アクア・マリーナとしてNewオープンしてます

写真撮影

結婚式後は撮影会がスタートです。式場周辺やビーチでの写真撮影など一生の素敵な思い出になりますよ。

スポンサーリンク

ハワイ挙式のまとめとメリット&デメリット

当初は結婚式をやらないことも選択肢の一つとして考えてましたが……ハワイで挙式をやって本当に良かったです(^^)

費用的に国内で結婚式・披露宴を行うのと単純比較は難しいですし、考え方によっては出費が少なくないのも事実ですが、新婚旅行も兼ねるので旅費を除いて結婚式関連の費用だけ(ご祝儀などで差が出ますが、そこは除外)で見れば、国内で式を挙げるよりも抑えられます。

最後に、簡単にハワイ挙式のメリットとデメリットをまとめました。

ハワイ挙式のメリット

・新婚旅行と兼ねられる
・事前準備は衣装合わせくらいで手間が少ない
・国内挙式とは違った感動や思い出が得られる

これら以外にヒルトンホテルかつ比較的人気のない時期で良かったことが一つありました。それはホテルの部屋がグレードアップされたことです。

いざホテルへ到着すると空いてる時期だったお陰か、申し込んだ部屋より1段~2段良い部屋になってました。この辺りはさすが1流ホテルの対応といった所でしょうか?

空いてる時期は雨季だったりとマイナス面もありますが、こういった嬉しいことがあったりするのは大きなメリットだと感じました。あと、滞在理由を聞かれた際に「ハネムーン」と伝えると言うと、ホテルやレストランなどのサービスが上がったりもしました。

ハワイ挙式のデメリット

・旅費が高い
・長期休暇を取得する必要がある
・教会(式場)を直に確認できないので、イメージと違う可能性がある
・ドレス購入の場合、紛失リスクも考え手荷物で機内へ持ち込むなどの手間がある
・家族/親戚に参加してもらう場合、費用や日程などの考慮が必要

結婚式は一生の思い出です。これから式を実施しようか悩まれてる方、海外での挙式を検討されてる方の参考になれば幸いです。

しかし、こうして思い返してみると……やっぱりもう1度ハワイに行きたくなりますね♪

コメント